受付時間 / 午前 9:00-12:00 午後 16:00-19:00
 休診日 / 土曜午後・日曜・祝日 (急患は随時受付)
MENU

宇都宮病院からのお知らせ

医療と介護の未来塾「医療介護従事者のためのリスクマネジメント」

昨日は医療と介護の未来塾の定例勉強会。
今回のテーマは「医療介護従事者のためのリスクマネジメント~医療・介護事故予防から苦情対応まで~」、講師は紀伊クリニック院長の山野雅弘先生でした。

働く現場において事故を起こそうと思ってる人は誰もいません。
みんなそれぞれ気を付けながら仕事をしています。
しかし事故は起こってしまうもの。
原因を調べると同時に事故対応が必要になります。
リスクマネジメントは一般的に起こりうるリスクをまず理解し、それぞれの患者・利用者の状態から起こりうるリスクを想定した対応を普段からとることで事故を防ぎ、もし事故が起こった場合には迅速な対応をすることで、患者や家族への安心安全を提供すると同時に、働く自分たち自身を守ること、といえます。
特に医療や介護現場で多い転倒・転落については、具体的なリスクや対応について、指標やデータを紹介しながら説明いただきました。
山野先生自身も老健施設の施設長ということもあり、現場で自ら実践されています。
医療事故や介護事故は事業所の信頼だけではなく、経営自体を脅かす結果になることもあります。
普段からリスクマネジメントについての研修を行い、組織全体で取り組むことが大事です。
事故に対しては「大きく騒いで小さく収める」ことで、ほっておいて後で大ごとになるリスクを小さくすることがポイントだとか。
でもまずは本人家族としっかりコミュニケーションをとって、信頼関係をつくること。
これが最高のリスクマネジメントです。
なかなか現場のスタッフ向けに時間をとって行うことは少ない「リスクマネジメント」ですが、定期的に行うことで普段からの意識づけをしておくことが大切だと感じました。

たくさんの資料をつくっていただき講演いただいた山野先生、ありがとうございました。
仕事終わりに遅くまで参加いただいたみなさん、おつかれさまでした。

7月は勉強会が2回あります。
7月5日(木)最近の悪徳商法の手口と対処法について
7月19日(木)生前整理について
いずれも18:30開始です。
みなさんのご参加お待ちしています。
ページ上部へ